コンテンツ

車庫証明の必要書類一式

車庫証明の申請に必要な書類は、
・申請書
・承諾書または自認書
・所在図配置図
です。

それでは詳しく説明していきます。

申請に必要な書類

自動車保管場所証明申請書(いわゆる申請書)

普通自動車は4枚複写用紙、軽自動車は3枚複写用紙となり全く違う書類です。
※普通自動車とは軽自動車以外を指します。
申請者の記名捺印が必要です。
軽自動車は陸運局(軽自動車検査協会)への提出が不要なので3枚複写を使います。

4枚複写のうち2枚めまでが自動車保管場所証明申請書で残りの2枚が保管場所標章交付申請書となります。
軽自動車は、自動車保険場所証明申請書を陸運局(軽は軽自動車検査協会)へ提出しないので、1枚減った3枚複写となります。

申請書の書き方記入例(みほん)はこちら

承諾書もしくは自認書

保管場所使用承諾証明書(いわゆる承諾書)

土地所有者の署名捺印が必要な書類です。※当サイトで印刷可能

他人の土地を保管場所にする場合は、承諾書を使います。
身内の土地であっても、本人の土地じゃなければ承諾書を使います。

例えば、下記のケースは全て承諾書を使います。
申請者:自分  保管場所の持ち主:親、兄弟、祖父母、親戚
申請者:自分  保管場所の持ち主:大家さん
申請者:自分  保管場所の持ち主:地主
申請者:自分  保管場所の持ち主:マンション管理会社
申請者:自分  保管場所の持ち主:不動産会社
申請者:自分  保管場所の持ち主:市区町村
など

月極駐車場や不動産屋へ承諾書を依頼する場合、↑の所在図・配置図も一緒にもらえるケースもあります。
また、契約駐車場であれば契約書でも代用することが可能です。※ローカルルールも多く存在するので、正しくは申請する警察署にて確認しましょう。

承諾書の書き方記入例(みほん)はこちら

保管場所使用権限疎明書面(いわゆる自認書)

承諾書と違い、自分の土地を保管場所にする場合は自認書を使います。署名捺印が必要です。
※当サイトで印刷可能

自認書の書き方記入例(みほん)はこちら

所在図・配置図(いわゆる地図)

保管場所の地図。※当サイトで作成可能

おおよその拡大地図と、駐車場内の縮小地図の2種類描き込みます。
すべて手書きでもOKですし、当サイトでプリントアウトが可能です。

地図の書き方記入例(みほん)はこちら

記入のために必要な書類

・車検証

車検証の内容を記入するために必要です。車検切れの自動車なら登録事項等証明書など(いわゆる廃車証)で必要な内容が確認できます。

・住民票もしくは印鑑証明

申請住所を正確に記入するために必要です。

・印鑑

認印でOK。シャチハタはダメです。実印じゃなくてもOKです。

入手方法

・管轄の警察署
・クルマ屋さん
・代行業者さん
・不動産屋さん
・行政書士さん
など

未記入の用紙ダウンロードはこちら
車庫証明の書き方記入例(みほん)はこちら

車庫証明の書き方ガイド

氏名の入力文字数が足りない!場合前のページ

年パス限定!ご購入クーポン5%割引やってます!次のページ

関連記事

  1. コンテンツ

    はじめて車庫証明の手続きする方へ

    とりあえず全体の流れを知りたい方→車庫証明の取り方ガイド 基本のき…

  2. コンテンツ

    車庫証明とは

    そもそも車庫証明ってなに?車庫証明とは、自動車を取得する際に「…

  3. コンテンツ

    車庫証明の申請時によくある質問

    車庫証明は申請も受取も平日しかダメって本当ですか?本当です。…

  4. コンテンツ

    よくわかる車庫証明の書き方ガイド

    よくわかる車庫証明書き方ガイドです。はじめて車庫証明を手続きする方…

  5. コンテンツ

    車庫証明の手続きによくある質問

    バイクは車庫証明いるの?不要です。大型バイクでも不要です。…

  6. コンテンツ

    車庫証明の取り方ガイド 基本のき

    車庫証明の取り方、基本ガイドです。まず車庫証明を取るに…

PAGE TOP