コンテンツ

車庫証明あるある

車庫証明あるあるをまとめてみました。
ベテランさんは「あるある」と頷いていただき、初心者さんは「あるあるなのか」と感じてもらえてば幸いです^^

保管場所の位置と申請者住所が「同上」不可の地域もある

地元でOKだったから、隣の市でもクセで同上記載したらダメだったパターン。

警察署の窓口が高圧的

一番よくあるパターン。

自宅で申請したら満車

時々あります。

保管場所の住所の枝番が違って申請おりない

知らなかっただけで分筆してるパターン。

自宅に警察からの連絡あってビビったが、車庫証明の確認だった

身内が知らない間にクルマ買ってるパターン

車庫証明中2日で発行される地域もある

らしいです。

保管場所から住所までの距離は半径2キロ以内

知識として。

提出と受取にそれぞれ印紙代が必要で、サイフに手持ちがない

忙しいときに限って。

承諾書の発行は有料が多い

まぁ普通ですが、Twitterでは数万円とられた事例も。本当に承諾書だけかは不明ですが。

軽は車庫証明が不要な地域もある

ちょっとした田舎は、ほぼ。

基本、車庫証明はダルい

基本中の基本。

車庫証明の発行が長引いて、納車が伸びることがある

クルマ屋あるあるですが、お客さんに車庫証明任せるとこーなるパターン。

使い方前のページ

10%OFFクーポン配布中!年パス、銀行振り込み、コンビニ決済、キャリア決済限定!次のページ

PAGE TOP