HOME

【お知らせ】
2022.8.9 お客様の声更新しました。
2022.8.4 お客様の声更新しました。
2022.8.3 お客様の声更新しました。


車庫webの最新情報は公式Twitterアカウント(@syakoweb)でもご確認いただけます。




車庫証明の取り方ガイド



無料トライアルはこちら

車庫証明の地図を3ステップで作成

車庫証明の地図印刷
保管場所の所在図・配置図の地図作成は、
〒から番地を入力し、
あとはPDFをダウンロードするだけ。
車庫証明作成の時短ツールです。
もちろん承諾書・自認書の印刷も可能。

詳しくは↓
できる事、できない事

車庫証明web印刷の使い方を動画で紹介(地図作成方法)




無料トライアルはこちら

ご利用料金

・年間パスポート (使い放題プラン)
 1年1,320円 (税抜1200円)
 お申込みはこちら
・1デーパスポート (使い切りプラン)
 1日110円 (税抜100円)
 お申込みはこちら

※パスポートご購入の方は、ワンタイムパスワード不要でご利用いただけます。

車庫証明が面倒な理由トップ3

第1位:平日の決められた時間しか申請できない

サラリーマンにとって平日に有給とってまで、慣れない書類手続きをするのはストレスです。しかも申請に1日・受取に1日と最低でも2日必要となります。

第2位:書類作成が難しい

警察や陸運局などの公的機関に申請する書類なので、思った以上に厳格です。
その中で保管場所の地図(所在図・配置図)作成は、ただただ面倒な書類ですが、当サイトでは簡単に作成印刷まで可能です。
トライアル期間は無料で何度でもご利用いただけます。

第3位:暗黙ルールがある

車庫証明に関するいろんなサイトを見ると曖昧な表現があったりしますが、暗黙ルール(ローカルルール)が存在するので、手続き方法や書類をしっかり理解してないとややこしいです。
当サイトでは初心者ガイド・はじめての車庫証明もあるのであわせて御覧ください。

車庫証明あるある

窓口の担当者が高圧的だ

担当者レベルや地域差もかなりありますが、警察は客商売ではありませんので、基本塩対応だと思っていたほうが変にショックを受けずに済みます。

承諾書の手数料が高い

借りた駐車場で書庫証明の手続きをする場合、承諾書が必要になります。
承諾書は発行に手数料がかかります。(一部かからない場合もあり)
発行手数料は、数千円から数万円と大きな幅があるので、あまりに高いと「思ってたのと違う!」となります。

地図を手書きしたけど手続きできるか不安

地図(保管場所所在図・配置図)以外の書類は、名前や車の情報を記入するだけですが、地図は絵を書かないといけないので受理されるか不安になります。
当サイトはこの地図作成が3ステップで可能です。




無料トライアルはこちら

PAGE TOP