初心者向け

【初心者】車庫証明の提出講座

車庫証明は管轄の警察署へ提出します。近所の交番ではダメです。交番へ持っていっても警察署を案内されるだけとなります。

車庫証明を初めて作成する、という方はこちら

管轄の警察署へ

慣れない警察署へ行くことになりますが、パトカー見るだけでザワつくチキンハートの私ですので、警察署へ行くのはさらにザワつきます。悪いことしてないのになぜなのでしょうか^^;
提出窓口は「交通課」です。ほとんどの警察署は入口近くに交通課がありますし、案内板でスグわかると思います。

提出前に印紙を購入しましょう。専用窓口もしくは、同じ窓口で対応してくれます。窓口らしき所まで来たら「車庫証明の申請で来ました」と伝えればOK。あとは担当者に従いましょう。窓口担当者は、1日に何十件も手続きをするので流れ作業で済ませていきます。なので担当者からすればいつもの作業となり、無言で書類を受け取り最低限のクチカズで進行していきますので、先に「はじめてです」と伝えておくと良いでしょう。これをしないと、「はぁ?そんな事も知らないの」と、かなりの塩対応になり心が折れそうになります。只でさえビビって警察来てる我々からすれば、余計に印象悪く感じ「窓口の態度が悪い」などとTwitterに書き込みたくなるのも仕方ありません。

ちなみに「はじめてです」と伝えても、上から目線の担当者もいます。「なんだその態度は!」とイラっときますが、心の中で「クソがッ」と吐き捨て、寛容な気持ちで案内された次のステップへ進みましょう。思わず心の声が出でてしまう方は、あらかじめ「対応は悪くて当たり前」と想定しておくと良いかもしれません。担当者は接客業ではありません、お役人だということを肝に銘じておきましょう。

<印紙代>
普通車:申請 2200円 受取り500円
軽自動車:申請と受取り 500円

書類チェック

申請書類を渡したら担当者による書類チェック。目の前でテストの採点されてるみたいで毎回ドキドキします。不備があれば教えてくれますが、不備の教え方も担当者によってバラバラです。親切丁寧に教えてくれる人もいれば、上から目線で対応してくる人もいます。ここでもイラっとする場合も多いのですが、不備を直さないと次へ進めませんので従う他ありません。「警察って弱者の味方じゃないのか…」などとセンチメンタルな事いっても仕方ないので、不備を訂正して最終ステップへ進みましょう。
担当者も海千山千の提出者を相手にするので、厳しくなるのも仕方ありません。(車庫飛ばしなどの違法行為も見逃さない為に)

書類の確認が終わったらめでたく受理され、引換券を渡されます。引換券は車庫証明の発行後、完成した車庫証明との引換券ですので、なくさないよう保管しましょう。「○月○日に発行されます」と記載があるので、指定日以降に引取りに行きましょう。発行まで数日かかります。即日発行はされませんのでご注意を。※軽自動車の場合は即日の所もあるようです。

受け取り

数日後、車庫証明の引取に行きます。同じ窓口へ行き引換券を提出し「車庫証明を取りに来ました」と伝えればOK。受取り時の印紙が必要なら購入し指定の位置で貼り付けます。最後に完成した車庫証明に受け取りのサインをして、はれて車庫証明のミッションが全て完了となります。

※受付時の反応や対応などは個人の感想です。予めご了承くださいw

【初心者】書き方講座はこちら

 
まずは無料トライアル


PAGE TOP